B級じゃなくてC級なわけ

すでに25,000本以上売れている
極上の大人のチョコ生ケーキショコラティーヌ

B級グルメは既に浸透していろいろなブログやサイトがありますね。でもC級グルメはまだこれからです。
なぜC級グルメなのか。貧乏人にとってB級グルメはまだまだ高くて行けません。値段がべらぼーに安くて量もあり、なおかつ味もそこそこがC級グルメです。貧乏人は安くなくちゃグルメもできません。
値段の安い店は探せばありますが、「味がそこそこ」っていうのは中々ないですね。グルメサイトで探したお店で安いところがあれば飛んでいってグルメ気分を味わっています。

C級グルメのお店探し

C級グルメでは、500円のランチは当たり前。680円のバイキングもあります。世の中探せば良心的なお店があるものですね。
C級グルメ店を見つけるのは、やはりグルナビでしょう。数あるお店の中から格安のお店を探すのもちょっぴり楽しい探索です。
お店を見つけたら実際にそのメニューを食べてみます。量と味に満足できればC級グルメの格付けです。

C級グルメランキング

C級グルメランキングがあります。個人でランク付けしているサイトですが、なかなか参考になります。しかし値段が出ていないのは惜しいですね。もともと安いのは分かっているのですが、やはり貧乏人なので、行く前には料金をちゃんとチェックしておきたいですね。
また、C級グルメ紀行などは、かなり参考になります。全国を食べ歩いた安いお店の紀行文が紹介されています。旅行などに行く時にはとても参考になりますね。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

カップ麺も美味しければC級グルメ

C級グルメ界でお揚げと言えば「赤いキツネ」と「どん兵衛」どちらがよりジューシーなお揚げかで、現在でも「赤いきつね派」と「どん兵衛派」の両派閥の間で露で露を洗う戦いが続いていると言うのは有名なお話です。
私的には、「お揚げ」は赤いキツネ、「うどん」はどん兵衛です。でも、どちらも美味い事には変わりありませんが。